北海道旅行をすると美味しいものを食べられるほか大自然と触れ合える


北海道に行きやすい時代になった

1990年代まで北海道旅行とは高い交通費がかかるのが難点でしたが、21世紀に入るとLCCが登場して従来より大幅に安い交通費で行けるようになりました。また2016年3月には北海道新幹線が開通して函館エリアまでであれば陸路だけを利用して辿り着けるようになり、飛行機が苦手な人でも旅行しやすくなっています。そんな北海道には、本州の都道府県にはない様々な魅力がありますので週末や大型連休、また有給休暇を利用して北海道を旅してみませんか?ちなみに、北海道には梅雨の時期というものが存在しないため、6月から7月頃でも雨の心配がいりません。

北海道には美味しいものがいっぱい

新幹線でアクセスできる函館、県庁所在地の札幌、その他各地には絶品ご当地グルメがあって旅行客の間では大人気となっています。例えば北海道の冷たい海の中で生き抜く魚の身は温暖な地域より多く脂肪を含んでおり、生の魚介類を乗せた海鮮丼の形で食べるとその美味しさを堪能できます。また寒暖差の激しい気候の中で育つ果物は他の地域で収穫されるものよりも糖分を豊富に含んでいるため、現地のフルーツを食べてみるのもおすすめです。

道東地域は自然環境が良い

札幌周辺に広がる道央地域は都市開発が続いており、そんなに緑豊かではないエリアも存在します。一方、道東地域には手つかずに自然が残されている場所もありますので、北海道の大自然を体感してみたい場合は是非、道東地域に遊びに行ってみてください。例えば、世界遺産に登録されている知床では北国に生息する様々な野生動物や見た事もない植物を間近でみられます。

北海道の旅行では、キレイな夜景や世界遺産にも登録された大自然、グルメなど、さまざまなものが楽しめます。